冷蔵

信濃屋ネットショップ

レ・ヴァン・ヴィヴァン 夜行性[2022]

東御市の自然派日本ワイナリー
3,410円(税込)
3,100円(税抜)
31 マイル
在庫
購入数:
  • Country(生産国) : 日本
  • Region(地域) : 長野県/東御市
  • Cepage(品種) : スチューベン/巨峰/秋映/シナノスイート/シナノゴールド/紅玉/サンふじ
  • Volume(容量) : 750ml
  • Type(タイプ) : その他のお酒
  • 2019年創設 自然派の日本ワイナリー

    2016年からワイン用意ブドウの栽培を開始しました。2019年が初収穫の年であり、ワイナリーを設立。2020年春、自社畑で栽培したリンゴでシードルも合わせて初リリースに注目が集まっています。化学農薬、化学肥料等を使わず、ブドウ本来の力を引き出す栽培方法が何よりの特徴。ブドウのポテンシャルを隠すことなく野生酵母で引き出し、心地よく、カラダにしみ込むナチュラルなワインづくりを目指して設立されたワイナリーです。

    長野県の東部に位置する東御(とうみ)市は、面積の半分以上が山林、4分の1が田畑と、豊かな自然が残る市です。街の中心を悠々と流れるのは千曲川。季節とともに移ろう景色がほっと心を和ませ、のんびりとした時間が流れます。年間の平均降水量は900-1000mm、晴天率60-70%という気候と、水はけの良い土壌に恵まれた傾斜地では、さまざまな農作物がのびやかに育まれています。東御市はかつて、酒税法の定める正規の最低生産量の3分の1規模で果実酒造免許を得て、長野県内で初めてワイン特区として認定されました。その結果、市内には小規模ワイナリーが増え、新規就農を目的に多くの人たちが移り住み、個性あふれるワイナリー・ヴィンヤードが揃うエリアとして、今も成長を続けています。

    JAから購入したリンゴを破砕・搾汁してスチューベンと巨峰の果汁とブレンド。品種構成ははブドウ:71.1%とリンゴ:28.9%。・開放型のプラスチックタンクにて野生酵母で発酵が始まるのを待ち、デブルバージュは行わず、発酵を促す加温も行っておりません。今年の2022年はブドウ果汁が7割と多めになっているので、昨年よりエレガントな仕上がりになっています。金柑、和梨(豊水、幸水)、白い花、ジンジャー等が感じ取れます。やや高めの温度の方が複雑味や心地よい苦みが出てきて、熟成させることで更に旨味、厚みが増すことを期待できます。これからの季節に合わせやすい一本。

    ※こちらは吹きこぼれる可能性がありますのでキッチリ冷やして静かに開栓してお楽しみください。少量の澱が確認できる場合がありますが、品質には影響はございません。

    商品情報

    ●生産年:2022年 ●生産者:レ・ヴァン・ヴィヴァン ●生産国/地域:日本/長野県 ●品種:スチューベン/巨峰/秋映/シナノスイート/シナノゴールド/紅玉/サンふじ ●種類:その他のお酒 ●サイズ:750ml
    JANコード
    2700000922309

    ユーザーレビュー

    この商品に寄せられたレビューはまだありません。