1803年創業の初代店主の文平は、店先から湧き出る「醒ヶ井水」を求め、 この地を選びました。以来、およそ220年にわたりこの銘水を材料のひとつとして京菓子づくりに励んでまいりました。
これからも、自然の恵みに感謝し京の伝統を大切にしながら、時代に合わせお客様に喜んで幸せになって頂けるお菓子を作っていきたいと思います。

並べ替え
6
6